エンジニアを目指す日常ブログ

日々勉強したことのメモ。独学ですので間違っていたらコメント等で教えてください。

React×Typescriptでページ遷移時に値を渡す方法

はじめに

React×Typescriptでルーティングする際、前画面の値を次の画面に渡す方法を記載する。調べると「これが正解」というのが出てこなくて難しいが、理解した方法をメモ。

4つの方法

  1. URLパラメータを使う(パスパラメータ)
  2. URLパラメータを使う(クエリパラメータ)
  3. <Link>コンポーネントにstateを渡す
  4. useHistory()を使う

記事の移行について

こちらの記事は新ブログに移行しました。

bunsugi.com

Vagrant環境とのファイル共有がうまくいかないときにやったことメモ

はじめに

Vagrant環境と、ローカル環境ではフォルダを共有することができる。

Vagrantfileに設定を入れてもうまくいかなかったので、原因を探した。 結論としてはvagrant-vbguestをアンインストールすることで解決した。

詳細をメモしておく。

記事の移行

本記事はこちらに移行しました。 bunsugi.com

ssh接続コマンドを簡単に書く方法

はじめに

ssh接続は一般的に

> ssh [SSH先のユーザ名]@[パブリックIP] -i [秘密鍵ファイル(.pem)のパス]

のコマンドで実施するが、事前に.ssh\configファイルを作成し設定を記入しておくことで、

> ssh vagrant

のように、自分でつけた名前を指定してSSH接続することができる。

.ssh\configファイル

C:\Users\[User名]\.ssh\configSSHの情報を記載しておくことができる。

このファイルで、「名前」と「設定値」をセットで管理しておけば、「名前」を使ってSSH接続が可能である。

Vagrantの場合は、> vagrant ssh-configで取得してきた情報をそのまま記載すればよい。

C:\Users\[User名]\.ssh\config

Host aws ←自分でつけた名前
  HostName xx.xxx.xxx.xxx
  User ec2-user
  IdentityFile C:\Users\xxxxxx\xxxxx.pem

Host vagrant ←自分でつけた名前
  HostName 127.0.0.1
  User vagrant
  Port 2222
  UserKnownHostsFile /dev/null
  StrictHostKeyChecking no
  PasswordAuthentication no
  IdentityFile C:/Users/User/vagrant/ubuntu64_18/.vagrant/machines/default/virtualbox/private_key
  IdentitiesOnly yes
  LogLevel FATAL

ssh接続コマンド

以下コマンドで接続できる。

> ssh vagrant

おわりに

SSHの設定ファイルと、設定ファイルを利用したSSH接続について記載した。

ゲストOS(Vagrant)とホストOS(Windows)間でscpによりデータをやり取りするコマンドメモ

はじめに

違うサーバどうしでファイルをやり取りするのはscpコマンドが一般的である。

ここでは、scpの基本コマンドの解説に加え、Vagrant仮想環境とローカルのファイルのやり取りを実例としてメモする。

一般的な方法と、

> scp -r -P 2222 -i  【秘密鍵の場所(ローカル)】 vagrant@127.0.0.1:/home/vagrant/workspace/tmp/ ./

簡単な方法を解説する。

scp -r vagrant:/home/vagrant/workspace/tmp/  ./

実施した環境

Vagrant環境からローカルにファイルをコピーする(基本コマンド編)

Vagrant環境の/home/vagrant/workspace/tmp/フォルダから、ローカルのカレントフォルダにファイルをコピーするコマンドは以下となる。

PowerShellで実行する。

> scp -r -P 2222 -i  【秘密鍵の場所(ローカル)】 vagrant@127.0.0.1:/home/vagrant/workspace/tmp/ ./

コマンドの解説

基本コマンドは以下。

$ scp 【コピー元】 【コピー先】

重要なオプションとしては、

  • -P:ポートを指定する
  • -r :ファイルではなくフォルダごとコピーする
  • -issh接続時に使う秘密鍵を指定する

がある。

また、コピー元となるVagrant環境のフォルダ指定は、

【ユーザ名】@【IPアドレス】:【パス】

とする。

ここで、

を調べる必要がある。調べるコマンドは以下。

> vagrant ssh-config
Host default
  HostName 127.0.0.1
  User vagrant
  Port 2222
  (省略)

もっと簡単なコマンドでscpする方法

C:\Users\[User名]\.ssh\configSSHの情報を記載しておくことができる。

このファイルで、「名前」と「設定値」をセットで管理しておけば、「名前」を使ってscpが可能である。

.ssh\configの設定内容

Vagrantの場合は、> vagrant ssh-configで取得してきた情報をそのまま記載すればよい。

外部のサーバでも同様に記載が可能である。

C:\Users\[User名]\.ssh\config

Host aws
  HostName xx.xxx.xxx.xxx
  User ec2-user
  IdentityFile C:\Users\xxxxxx\xxxxx.pem

Host vagrant
  HostName 127.0.0.1
  User vagrant
  Port 2222
  UserKnownHostsFile /dev/null
  StrictHostKeyChecking no
  PasswordAuthentication no
  IdentityFile C:/Users/User/vagrant/ubuntu64_18/.vagrant/machines/default/virtualbox/private_key
  IdentitiesOnly yes
  LogLevel FATAL

私の場合はvagrantAWS-EC2の設定が入っている。

tomiko0404.hatenablog.com
こちらの記事で、VSCode用に設定していた。

scpコマンド

上記.ssh\configvagrantという名前を付けている設定値を使いたい。

コマンドは以下のようになる。

 scp -r vagrant:/home/vagrant/workspace/tmp/  ./

おわりに

scpコマンドを使ってサーバ間でデータをやりとりすることができた。

Ubuntu + Vagrant + VirtualBox環境でディスク容量を拡張した

はじめに

VirtualBoxで突然以下のようなエラーが発生。

npm ERR! code ENOSPC
npm ERR! syscall write
npm ERR! errno -28
npm ERR! nospc ENOSPC: no space left on device, write
npm ERR! nospc There appears to be insufficient space on your system to finish.
npm ERR! nospc Clear up some disk space and try again.

不要ファイルを削除してお茶を濁してみたが、いよいよ壊れ始めたので、仮想環境のディスク容量拡張に挑戦した。

Qiitaを探すとCentOSのやり方がヒットするのだが、Ubuntuの場合やり方が若干違うようだ。

最後は自己流になってしまうなど、かなり苦労した。

前提

  • Windows環境の上に、VirtualBox + Vagrant で構築したLinux環境を利用。
  • React.jsのGatsbyモジュールを使ったアプリを開発していた時に起こった。
  • OSはubuntuを利用。
Distributor ID: Ubuntu
Description:    Ubuntu 18.04.4 LTS
Release:        18.04
Codename:       bionic

エラー原因の確認:ディスク容量不足

このエラー発生時は、ディスク容量が足りない可能性が高い。 参考にした記事では、innodeが足りなかったとのこと。

参考: No space left on device とエラーが出るときの対処法 - Qiita 自分の環境でたたいてみると、ディスク容量が足りないことが分かった。

$ df -hP
Filesystem              Size  Used Avail Use% Mounted on
udev                    1.5G     0  1.5G   0% /dev
tmpfs                   299M  640K  299M   1% /run
/dev/sda1               9.7G  9.7G     0 100% /
tmpfs                   1.5G     0  1.5G   0% /dev/shm
tmpfs                   5.0M     0  5.0M   0% /run/lock
tmpfs                   1.5G     0  1.5G   0% /sys/fs/cgroup
vagrant                 238G  199G   39G  84% /vagrant
home_vagrant_workspace  238G  199G   39G  84% /home/vagrant/workspace
tmpfs                   299M     0  299M   0% /run/user/1000

/dev/sda1というのは、10GBであることからおそらくVirtualBoxのメインストレージ。

VirtualBoxマネージャー画面
VirtualBoxマネージャー画面

ディスク拡張のやりかた

ディスク拡張プラグインのインストール

ホストOS(Windows)上で、vagrant-disksizeプラグインをインストールする。

> vagrant plugin install vagrant-disksize

Vagrantfile追記

Vagrantfileに以下を追記する。

Vagrant.configure("2") do |config|
  config.vm.box = "ubuntu/bionic64"0
  config.disksize.size = "20GB"   # この行を追記
end

VagrantFile全体は以下のようになる。

Vagrant.configure("2") do |config|
  config.vm.box = "ubuntu/bionic64"
  config.disksize.size = "20GB"
  config.vm.network "forwarded_port", guest: 8000, host: 8000
  config.vm.network "forwarded_port", guest: 3000, host: 3000
  config.vm.synced_folder "./workspace", "/home/vagrant/workspace"
  config.vm.provider :virtualbox do |vb|
    vb.customize ["setextradata", :id, "VBoxInternal2/SharedFoldersEnableSymlinksCreate/home/vagrant/workspace","1"]
  end

  config.vm.provider "virtualbox" do |vb|
    vb.memory = "2048"
  end

end

Vagrantを再起動する

Vagrantを再起動する。

> vagrant halt
> vagrant up

再起動時、以下のようなログが出ていれば成功。

==> default: Resized disk: old 10240 MB, req 20480 MB, new 20480 MB

ディスク容量の確認

VirtualBoxマネージャーの表示は変わっている。

VirtualBoxマネージャー
VirtualBoxマネージャー

パーティションを管理するfdiskというコマンドを使うと、

$ sudo fdisk -l
Disk /dev/sda: 20 GiB, 21474836480 bytes, 41943040 sectors
Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disklabel type: dos
Disk identifier: 0x20027de7

Device     Boot Start      End  Sectors Size Id Type
/dev/sda1  *     2048 20971486 20969439  10G 83 Linux

ディスク容量はDisk /dev/sda: 20 GiBと増えているが、パーティションの領域は

Device     Boot Start      End  Sectors Size Id Type
/dev/sda1  *     2048 20971486 20969439  10G 83 Linux

であり、増えていないことがわかる。

dfコマンドで確認しても増えていなかった。

$ df -hP
Filesystem              Size  Used Avail Use% Mounted on
udev                    984M     0  984M   0% /dev
tmpfs                   200M  5.6M  194M   3% /run
/dev/sda1               9.7G  9.7G     0 100% /   ★まだ変わっていない
tmpfs                   997M     0  997M   0% /dev/shm
tmpfs                   5.0M     0  5.0M   0% /run/lock
tmpfs                   997M     0  997M   0% /sys/fs/cgroup
vagrant                 238G  200G   38G  85% /vagrant
home_vagrant_workspace  238G  200G   38G  85% /home/vagrant/workspace
tmpfs                   200M     0  200M   0% /run/user/1000

パーティションの領域拡張

partedというコマンドを使う。fdiskと同じくパーティションを追加したり削除したりするコマンド。

$ sudo parted

と入力し、

print free

と入力すると現在の状況を確認できる。

(parted) print free
Model: VBOX HARDDISK (scsi)
Disk /dev/sda: 21.5GB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: msdos
Disk Flags:

Number  Start   End     Size    Type     File system  Flags
        32.3kB  1049kB  1016kB           Free Space
 1      1049kB  10.7GB  10.7GB  primary  ext4         boot
        10.7GB  21.5GB  10.7GB           Free Space

Number1のパーテーション(おそらく、/dev/sda1に対応する)の後ろがFree Spaceとなっているため、1番を後ろに拡張できそう。

パーティションを拡張するイメージ
パーティションを拡張するイメージ

そこで、

resizepart 1

と入力し、

Warning: Partition /dev/sda1 is being used. Are you sure you want to continue?
Yes/No? y

「使っているけど続行する?」の問いにはyを回答する。

次に容量を聞かれるので、21.5GBと入力する。

End?  [10.7GB]? 21.5GB

ここまで行ったらpartedを抜けてよい。

(parted) ^C

Vagrant再起動、容量の確認

Vagrantを再起動して、容量を確認すると

$ df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
udev            984M     0  984M   0% /dev
tmpfs           200M  620K  199M   1% /run
/dev/sda1        20G  9.7G  9.7G  50% /   ★できた!!
tmpfs           997M     0  997M   0% /dev/shm
tmpfs           5.0M     0  5.0M   0% /run/lock
tmpfs           997M     0  997M   0% /sys/fs/cgroup
tmpfs           200M     0  200M   0% /run/user/1000

容量が20GBになっていることが確認できた。

ファイルシステムの拡張が必要な場合がある?

参考文献では、resize2fsコマンドを利用してファイルシステムを拡張していた。

sudo resize2fs /dev/sda1

今回は不要だったが、念のためメモしておく。

参考資料

www.xenos.jp

参考:試してみてダメだった方法

最初は、以下ページを参考に、

  • パーティション新規作成
  • 物理ボリューム作成
  • 物理ボリュームを既存のボリュームグループに割り当てる
  • ボリュームグループに対応する論理ボリュームを拡張
  • ファイルシステムの拡張

という手順を実行しようと試みた。

VagrantのCentOSのディスク容量を増やす手順 - Qiita

物理ボリューム、ボリュームグループ、論理ボリュームの概念は以下を参照。

suzuki-kengo.net

ただ、そもそも私の環境にはボリュームグループというものが存在せず、新規作成した物理ボリュームをマウントする方法がわからなかった。

以下ページによると、UbuntuではCentOSと違い、LVMが利用されていないらしい。

技術メモメモ: Ubuntu 20.04でシステム領域のディスク容量の拡張を行う

おわりに

UbuntuVagrantVirtualBoxの環境で、ディスク容量を拡張することができた。 Linuxの勉強をまったくできておらず、パーティションの概念も初めて知った。勉強不足がつらい。